引越しの全体的な流れを知る

引越しは住んでいる家から新しく住む家に移り変わることで、実家であれば荷物をある程度おいて転居するという選択肢もありますが、賃貸マンションやアパートに住んでいた場合は荷物をすべて移動させる必要があります。

一人の転居でも荷物はたくさんあるので業者に依頼して荷物を運んでもらう人は多くいますが、その場合は引越し費用が高くなる可能性もあるので予算から考えて業者選びをする必要があります。

また引越し費用にかかるお金は業者に支払うお金だけでなく、新しく生活を始めるための荷物を用意するためにもかかることになるので事前に引越し費用の予算を考えて計画的に転居を進めていく必要があります。

住んでいる場所が変わるということは必然的に住民票の記載も変わることになるので転居をする前には必ず手続きをする必要がありますが、反対に転居をした後もその自治体のサービスを受けるために手続きが必要になるので注意する必要もあります。

荷物をまとめるだけでなくほかにも挨拶をすることや片づけをするなど引越し前後は時間をかなり取られることになりますが、効率的に進めていかないと時間に追われてトラブルも増える可能性があるので注意する必要があります。

引越しをする場合に業者へ依頼する場合はお得なプランなども用意されているので積極的に利用することをおすすめしますが、業者を選ぶ場合は必ず評判や実績などもインターネットなどを使ってあらかじめ調べておくようにしましょう。

引越し業者のタイプを知る

引越し業者に依頼して荷物を運んでもらう場合は費用がかかるので、少しでも負担を減らしたいというのであれば業者を比較して少しでも安いところに依頼するのが策ですが、一言に業者といってもさまざまなタイプがあるのでタイプによってサービスなども異なります。

一般的に利用が多いのは専門の引越し業者ですが、サービスの質が高いことやオプションサービスが充実していること、大手の業者だと教育体制がしっかりしているので安心して任せることができるなどのメリットがあります。

ただし、教育やサービスなどにコストがたくさんかかっていることもあって引越し費用は高い傾向にあり、少しでも費用を抑えたいという場合はほかの業者の情報も調べて検討するようにしましょう。

また配送業者や運送業者なども最近は引越し業界に進出していますが、大きな荷物を運ぶことに関してはプロなので一定の質が期待できて、なおかつ本来の業務で使用した後に空いたスペースを活用することでさらに安く利用することもできます。

ただし、時間に制約がある場合が多いというデメリットなどもあり、時期や業者によっては専門業者と引越し費用があまり変わらないという場合もあるのでメリットやデメリットのバランスを考えて選ぶことが大切です。

個人業者については費用がかなり安くなっているものの、運ぶことができる荷物に限界があることや補償などが充実してないなどのデメリットもあるので注意する必要があります。

季節で引越し費用は異なるって知ってた?

引越しには費用がかかるので、できるだけ抑えたいというのが素直な思いだと思いますが、特に業者へ依頼する場合にかかる引越し費用の負担が大きいので業者選びは慎重に行っていきたいものです。

ちなみに業者へ依頼する場合は季節によってかかる費用が異なる特徴があるので、もし転居する日をある程度自分で決めることができる状態であるなら金銭的な負担がかかりにくい時期を狙って準備を進めたいものです。

一般的に春先は費用が高くなりやすいと言われていますが、これは春先になると新しい生活が始まる人が多いことが理由になっていて、進学に伴い県外に転居をする人や新社会人になると言う理由で転居をする場合、これまで学校で県外に行っていた人が地元に帰るのもこの時期になります。

当然ながらサービスの価値というのは需要と供給のバランスで成り立っているわけであって、引越し業者に依頼して転居をサポートしてもらう人が増えるということはそれだけ需要が高くなるということでもあります。

繁忙期と閑散期が顕著に現れる業種ということもあって経営にも直接的なダメージとして現れやすいのですが、春が終わって梅雨に入る頃までは繁忙期の余波で人員が多いのに対して転居する人が減る時期なのでかなり料金が下がっていることがあります。

そのため、春先に引越しをすることが決まっている場合は少し繁忙期を超えたあたりに転居日を設定することがおすすめで、これだけでもかなりの費用の節約効果が期待できます。

時間でも引越し費用は異なります

引越し業者で見積もりをしてもらうと同じ業者でも時間帯によって費用の設定が異なっていることがありますが、相対的に見ると午後よりも午前中に予約する方が見積もりは高くなりやすい傾向にあります。

これも春先に引越し費用が高くなるのと同じ原理となっていて日単位で見ると午後よりも午前中の予約が入りやすいことが理由だと言われています。

午前中に予約が入りやすい理由になっているのは朝のうちに荷物を運んで午後の時間を有効に使いたい人が多いためで、日中からの転居になると夕方以降に荷物を運び終えることになるので挨拶や手続き、荷解きなどはすべて翌日になってしまいます。

そのため、時間帯に特にこだわりがないというのであれば午後の便をおすすめしますが、引越し業者によってはフリー便と言って時間帯を指定しないお得なプランが用意されているので時間にこだわりがない場合はこのプランを利用すると間違いなくお得に利用することができます。

フリー便の場合は業者の都合によって引越しが進んでいくので費用が安くなっているのですが、繁忙期など平日でも時間帯に関係なく予約が入るような場合は割引の恩恵を受けることができない可能性があります。

どれくらいのお金が必要になるのか気になる場合は事前に一括見積もりサイトの利用などをおすすめしますが、必要な情報を専用のフォームへ入力するだけで概算を出してもらうことができるので予算の計画を立てる場合のヒントにもなります。

日で引越し費用は異なる

引越し費用を少しでも抑えたい場合はタイミングを考えることがベストで、特に業者を通して転居をする場合に荷物を運んでもらう場合は予約が少ないタイミングを狙えばかなりの節約効果が期待できます。

春先に引越し費用が高くなって夏になると下がるといった感じで季節によって費用が変わりやすいのが特徴になっていますが、さらに狭い視野で見た場合に日単位での変化も大きくなっています。

特に平日と休日の費用は異なることが多く、休日の方が相対的に高めで設定されている場合がほとんどですが、これは休日の場合だと休みの日を利用して荷物を運ぶことが多いためで特に春先は学生や社会人の転居が中心になるので必然的に休日の予約は埋まりやすくなります。

一方で平日は学校や仕事に行くので予約は入りにくくなっていますが、引越しの日程を自由に決めることができる場合はできるだけ土日を避けて平日の真ん中を選ぶようにしましょう。

ちなみに平日でも月曜や金曜日は金額がやや高めに設定されることがありますが、これは土日の休みと絡めることが多いためで、引越しをすると手続きや挨拶、荷解きなどかなりの時間を費やすことになるため、有給をとって三連休で一気に片付けるというのが狙いです。

また、六曜を気にする習慣が日本人にはあるので仏滅などには予約が入りにくく、反対に大安などになると予約が入りやすいなどの特徴があるので六曜の関係からも考慮して引越しの日を決めるとよいでしょう。

自分でも引越しはできる!

引越しをする場合に少しでも費用を抑える場合はできるだけ業者を通さないで荷物は自分でまとめることをおすすめしますが、軽トラックなどはホームセンターなどでも安く借りることができるので単身での転居であれば十分に荷物を運ぶことができる車両は安く確保することができます。

ただし、家電や家具などを運ぶことになると一人では難しいので誰か手伝ってもらう人を探す必要が出てきますが、大きな荷物が多い場合や危険性を伴うのであれば自分たちの判断でするのではなくきちんと引越し業者に依頼するようにしましょう。

引越し費用は依頼する業者によってもかなり変わってきますが、今はインターネットでおおよその金額は分かるようになっており、複数の業者を比較したい場合も一括の見積サイトなどがツールとして用意されているので簡単に比較することができます。

また、引越し業者に依頼する場合でもドライバーと車だけを用意してもらって荷物を運ぶことなどは自分達ですべて行うこともできるようになっているところが増えているので、このようなサービスを活用して費用を節約するというのも方法としておすすめになります。

引越し費用は他にもオプションサービスなどを積極的に活用することで抑えることができる場合もあるので、利用を検討している業者で用意されているオプションプランなどを用意して少しでも節約に繋がりそうなプランがある場合は積極的に活用してお得に利用するとよいでしょう。