引越し費用でもっとも高額になりやすいのが業者に依頼して荷物を運んでもらうことですが、専用業者に頼むと家族での転居なら数十万円、単身での転居でも10万円近くかかることが多くなっています。

最近は個人業者も増えているので個人業者へ依頼することによって引越し費用は節約することができる場合もありますが、その場合は必ず信頼できる業者であるかどうかということを事前情報として集めておく必要があります。

せっかくお金を払って荷物を運んでもらってもトラブルになってはいけないので荷物を運んでもらう業者を選ぶのは重要なポイントになってきますが、一括見積サイトなどや評判サイトなども併用して利用するとよいでしょう。

そして業者に支払うお金だけでなく引越しが終わった後の挨拶やお祝い返しなどで思わぬ出費が発生してしまうことがありますが、数万円程度の予算はあらかじめ考えておくようにしましょう。

挨拶については1000円程度の菓子折りで十分ですが、新築祝いなどを貰った場合のお返しの相場は反返しになっているため、お祝いを貰ったらそれだけかかる費用も多くなります。

お返しにはカタログギフトがおすすめですが、カタログの種類によっては実際の費用よりも高いように見えるギフトもあるので少しでも費用を抑えるためにはカタログの選び方というのも重要です。

もちろん引越しの挨拶やお祝いのお返しは気持ちであるため、その時の気持ちなどから決めていくのでも問題ありません。